処方薬

ムコダインはどのように痰を切るか?

これだけは覚えよう

・ムコダインは最も処方頻度の高い去痰薬である
・市販薬との併用禁忌等は特になし
・粘液の組成バランスを調整することで痰を出しやすくする

 

少年A
少年A
痰が出るので病院行ったら、ムコダインっていう薬を処方されたよ。どういう薬?
ぽかりのみ
ぽかりのみ
ムコダインは最もポピュラーな去痰薬だね。成分はL-カルボシステインで、市販薬でも同じ成分が配合されているものもあるよ。
少年A
少年A
ところで、そもそも痰って何なの?
痰とは何か

気道粘膜には杯細胞気管腺・気管支腺が存在し、これらが気道分泌物を常に産生しています。

通常、気道分泌物の産生量はごく微量で、我々は無意識に飲み込んでいます。

しかし、かぜなどで気道に炎症が生じると、気道分泌物の量が増加したり、組成粘度が上昇することで、として排出されるようになります。

 

痰の粘性について

痰の粘性に影響を与える要素の一つとして、シアル酸フコースがあります。

シアル酸とフコースの詳細については省略しますが、痰の構成成分の一つだと思っておいてください。

シアル酸の量が多いと、痰はサラサラになります。

フコースの量が多いと、痰はネバネバになります。

シアル酸とフコースの比率が変動することで、痰の粘性が変わってきます。

 

少年A
少年A
市販薬だとアンブロキソール塩酸塩が配合されているものもあるよね。それとはどう違うの?
成分による違い

L-カルボシステイン
シアル酸とフコースの比率を正常化
→痰を切りやすくする

杯細胞の過形成抑制
→気道分泌物そのものの絶対量を減らすことで、痰を減らす

アンブロキソール塩酸塩
サーファクタント分泌促進
→気道に潤いを与え、痰を排出しやすくする

線毛運動促進
→繊毛運動によって、気道から痰を積極的に排出しようとする

漿液性分泌促進
→気管支腺には漿液細胞と粘液細胞があり、漿液細胞からの分泌が多いと分泌物はサラサラになる。この漿液細胞からの分泌を促進することで、痰の粘度を減らす

 

登録販売者が気をつけたいこと

特にありませんが、咳止めを追加で購入したい場合は、睡眠を妨害するレベルで咳が辛いのかを確認してから販売しましょう。

痰を出すために咳が出ていることも多いので、安易な咳止めの追加はむしろ治りを遅くします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です