処方薬

【エリスロマイシン】抗生物質はどんなときに処方されるか?

これだけは覚えよう

・かぜは抗生物質では治せない
・感染症の原因には細菌ウイルスがある
・細菌感染症のほうが重篤な症状になりやすい

 

少年A
少年A
最近かぜひいちゃったんだよね。早く治したいから、病院で抗生物質出してもらお~っと。
ぽかりのみ
ぽかりのみ
かぜは抗生物質じゃ治らないよ。抗生物質は細菌を殺す薬で、かぜの原因菌はほとんどがウイルスだから全く別物だよ。
少年A
少年A
そうなの?かぜのときに病院行くと、たまに抗生剤処方されるから効くんだと思ってた。
ぽかりのみ
ぽかりのみ
それはおそらくかぜではないと医師が判断していたんだろうね。

 

細菌とウイルスの違い

細菌
生きるためのエネルギーを自力で産生する

ウイルス
生きるためのエネルギーを他力で産生する

 

少年A
少年A
細菌は自立した一社会人、ウイルスは親のすねかじりってことか。
ぽかりのみ
ぽかりのみ
まあそんな感じだね。

 

抗生物質とは

抗生物質は細菌を殺す薬です。

その殺し方の違いで様々な種類があります。

細胞壁合成阻害薬
哲学みたいなことを言いますが、外界の中で人間が人間として別のモノとして存在できるのはなぜでしょうか?

我々には皮膚があり、それが外界との境界になっているからです。

皮膚がなければ、私達の内臓は飛び出してしまうので、それはもはや人間という生物ではありません。

細菌にとっての皮膚は細胞壁です。

細胞壁合成阻害薬は、この細胞壁の合成を阻害することで細菌を殺します。
 
タンパク質合成阻害薬
細菌が増殖するためには、タンパク質を合成することが必要です。

タンパク質合成阻害薬は、このタンパク質の合成を阻害することで細菌を殺します。
 
核酸合成阻害薬
細菌が増殖するためには、遺伝情報である核酸(DNAなど)をコピーすることが必要です。

核酸合成阻害薬は、この核酸のコピーを阻害することで細菌を殺します。

 

エリスロマイシンとは

エリスロマイシンは、タンパク質合成阻害薬に分類される抗生物質です。

その中でもさらにマクロライド系に分類されます。

膀胱炎や腎盂腎炎、気管支炎、肺炎、副鼻腔炎などの細菌感染症に処方されます。

余談ですが、マクロライド系の中では最も味が良い(?)そうです。

 

登録販売者が気をつけたいこと

エリスロマイシンを処方されているということは、何かしらの細菌感染症の疑いがあるということです。

「熱や倦怠感などのかぜ様症状があるので、併用できるかぜ薬を買いにきた」というケースが一番考えられますが、細菌感染症の症状や薬の副作用を見逃してしまうことになりかねないので、安易にかぜ薬を売らないほうがいいと思います。

外用薬との併用であれば、特に気にする必要はないでしょう。

慎重になるべきなのは、内服薬との併用の場合です。

あまり攻め過ぎず、素直に受診勧奨しましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です