未分類

【医薬品登録販売者必読】接客に役立つ参考書♪資格取り立ての初心者からベテランさんまで!レベル別にご紹介

新人登販
新人登販
ついに登録販売者試験合格した!転職も成功してドラッグストアで働くことになったけど、薬の接客が不安・・・。最初はどんな参考書で勉強すればいいの?
ベテラン登販
ベテラン登販
基本的な知識は身につけたし、接客にもだいぶ慣れてきたけど、もっと勉強したいなあ。どんな参考書で勉強すればいいんだろう?

登録販売者試験合格のための参考書は数あれど、合格後の実践的な参考書ってなかなか少ないんですよね。

勤務先でも研修の機会は結構あると思いますが、どうしても自社のPB知識に偏った研修になってしまったりと、体系的に学ぶにはやはり参考書を購入して勉強するのが差をつけるコツです。

今回は「合格してこれから働き始める新人登販向け」と「接客には慣れてきたけどステップアップしたい登販向け」の2つに分けて、私が勉強した中で非常に良かった参考書について紹介していきたいと思います。

これから働き始める新人登販向け

現場で使える新人登録販売者便利帖 症状から選ぶOTC医薬品

登録販売者の入門書です。まずはこの本でベースをしっかりと固めましょう。

試験勉強で成分については散々勉強してきたと思いますが、成分知識だけでは接客はできません

お薬のコーナーを見ているお客様がいたなら、
・どのように声をかけて(警戒されないように近づいて)
・どのように症状を聞き出して
・どのように症状に対する原因を突き止めて
・どのように商品を案内するか
という少なくとも4つのステップが必要となります。

どのように」の部分を初心者向けに教えてくれているのが、この本です。

この本で物足りなくなってきたら、成長した証拠です。

次の参考書を買いましょう。
 

現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖

漢方は試験勉強でも苦手としてきた方が多いでしょう。

効能効果の丸暗記をしなければ解けない問題だったので、つまらない勉強だったと思います。

でもこれからの勉強は、漢方の奥深さを学ぶ面白い勉強です。

構成生薬がそれぞれどんな働きをもつのか、五性はどうなのか(温める処方なのか冷やす処方なのか)といった専門的な知識をこの本で身につけると、漢方に対する理解がより深まり、接客時も芯の通った説明ができると思います。
 

今日のOTC薬

新人登販が試験勉強ではほとんど勉強してこない病態の知識について勉強できるほか、受診勧奨のタイミングや症状毎にどんな薬を選択すればいいかがフローチャートでわかるように書かれています。

また、新人登販が最初につまづく「成分はわかるけど、それがどの商品に入っているかわからない」というのを、この本は解消してくれます。

どのOTC医薬品にどんな成分が配合されているか、便覧でわかるようになっていますし、似たような商品がそれぞれどう違うのかもわかります

私も最初の頃は、だいぶこの本からロープレ問題を作成していました。
 

ステップアップしたい登販向け

総合診療医が教える よくある気になるその症状 レッドフラッグサインを見逃すな!

神本です。この本で私の接客は変わりました。

この本を読むと、どんな病歴がとれたときに受診勧奨しなければならないのかがはっきりわかります。

例えばかぜに多い症状の一つである「喉が痛い」というお客様がいたら、まず聞いておきたいのはそれが嚥下時痛(つばを飲むと痛い)なのか否かです。

ここでもし嚥下時痛でないと言われたら、ただのかぜの症状ではないので受診勧奨・・・など、何を聞いておかなければならないのかがわかります。

これにより接客も一方通行にならず、お客様としても「しっかり症状を聞いて薬を選んでくれているな」と信頼してくれます。

どちらかと言うと薬剤師向けなので、内容は登販のレベルを超えるものがありますが、控えめに言っても必読の書です。

私の文章力がないために、この本の魅力を余すことなく伝えられないのが悔しいですが、とにかく騙されたと思って読んでみてください。
 

妊娠・授乳と薬のガイドブック

接客中に「妊娠(または授乳)していますが、飲める薬はありますか?」と言われて、脇汗ドバーッってなった経験がある方も多いでしょう。

「この成分って妊娠授乳中でも大丈夫なの?」っていうのが、ロープレ形式で解説されています。

会社の方針で、妊娠授乳中は判明次第即受診勧奨という方もいると思いますが、リスクが極めて少ない成分を知っておくのも重要です。

例えばアセトアミノフェンはリスクの少ない成分として有名ですが、実はロキソプロフェンもイブプロフェンもそこまで問題はないとされています(ただし妊娠後期は注意)。
 

薬がみえるvol.1~3



私の愛読書です。

「高血圧とは何か?」「どういった仕組みで高血圧になるのか?」「どのように降圧薬は血圧を下げるのか?」など、病態の知識が身につくのはもちろんのこと、薬の作用機序も詳細に知ることができます。

医療用医薬品にも強くなれるので、OTCとの相互作用を考えるときも役立ちます。

内容は薬剤師向けなので私もわからないところはわからないですが、今でも舐めるように読んで、知る喜びを感じています。
 

治療薬ハンドブック2019

医療用医薬品の辞典です。

私は職場に持っていって、接客のときに「病院からもらった〇〇の薬飲んでます」って言われたら、この本で併用禁忌など調べています。

ネットで検索するよりも、しっかり調べてる感がお客様に伝わって信頼されると思います。
 

ここが知りたかったOTC医薬品の選び方と勧め方

ロープレ形式で最適な薬を選ぶという本です。

医療用医薬品服用中など、様々な状況のロープレが数多く掲載されています。

浴びるようにロープレを解き、実践に活かしましょう。

さいごに

いかがだったでしょうか?次に読む参考書は見つかりましたか?

「お給料が参考書代に消えてしまう・・・」と思ってる方、そんなもんです。

最近は金銭感覚が麻痺してきて、1万前後の参考書なら躊躇せずに買うようになりました(泣)

お客様の健康を守る登録販売者は、日々知識のアップグレードが必要不可欠です。

それこそが社会貢献となります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です